ストレスチェックは義務になりました

最近になってストレスチェックと言う言葉が広く使われるようになりました。

これは2015年末に 50名以上の従業員を雇用する企業に対して決めつけられた新しい制度であり、健康診断と同じように1年に1回は従業員に対してストレスチェックを行う機会を提供しなければならないと言うものです。

健康診断と同じように問診票に回答することで現在のストレス状況把握すると言うことを目的としています。
このようなストレスチェックを行うことになって自分の状態の気づきを促すと言うことが効果的に行えると期待されています。
それと同時に自分のストレスが高いと自覚した従業員に対しては産業医等の面談の機会を設けると言う対応することにより、職場のメンタルヘルス対策を強化しようとするのが狙いとなっています。

一つ上のストレスチェック情報サイトについて考えます。

これらの活動は従来から大企業では行われてきている傾向にありますが、中小企業では対策の遅れが指摘されてきました。

Yahoo!知恵袋の新しい魅力を紹介します。

今回の義務化に伴い中小企業の多くもストレスチェックを実施しなければならないと言う法的な規制が生まれました。



ほとんどの中小企業はストレスチェックを行うために必要な人材もノウハウも持っていないのが一般的です。
そのため外部に委託する形で実施しようとするのが最もお勧めすることもできる方法です。実施方法にも様々な種類がありますので、魅力的な内容を比較検討して利用するようにしましょう。

このような対策の中から自分の求めている内容に近いサービスを利用するのがお勧めです。