ストレスチェックにより企業に求められるものとは

企業に義務付けられているストレスチェックは、全社員に対して行われますが、その内容には「仕事のストレス要因」「心身のストレス反応」「周囲のサポート」といった項目が含まれていなければなりません。

もちろん、企業の視点でチェック内容を検討することも問題ありませんが、厚生労働省が推奨する「ストレス簡易調査票(57項目)」を活用するのがベストな方法です。

ストレスチェックのオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

何より大切なのは、ストレスチェックの結果を踏まえ、職場環境の見直しを行うことです。

このような調査を実施するにあたって懸念されるのが調査が目的となり、調査結果に基づく改善が実施されないことです。

Yahoo!ニュースをあなたに紹介致します。

あくまでも、調査は職場の課題を洗い出し、必要な改善を行うことが目的であることを忘れてはならないのです。


また、調査を実施した社員に対して、本人通知を行うとともに、高ストレスストレスチェックを行うことが大切です。

職場全体の課題の解決だけでなく、潜在的にメンタル疾患が懸念される社員に対するケアも、企業に課された大きな課題なのです。ストレスチェックについては、導入されてから間もありませんから、その対処法については企業も手探りの状態であるのが否めません。
しかしながら、業績を向上させ働きやすい職場環境を構築させることは、どの企業においても取り組むべき課題であるのは間違いありません。



大切なのは、ストレスチェックの結果をしっかりと受け止めようとする企業風土であり、課題解決に向けた行動力なのです。